« 最後の思い出 園外保育 | トップページ | 解散式が。。。 »

成長

今日はyokatta*の子供たちの話しではありません。

yokatta*のもう一人の子供たち。。。?

ヴァイオリンの生徒のお話。

::

yokatta*の住む街には市主催のジュニアオーケストラがあります。

yokatta*はそこでヴァイオリンパートの指導を

発足当時から6年間ほど携わっていました。

そこに今小学校4年生(4月から5年生)の男の子がお世話になっています。

入団資格年齢は小学校4年生から高校2年生まで。

そう、彼は最年少なんです。

そして今日が初コンサートだったんです。

毎年財団事務局から届く招待状。

なんとなく行けないことが多かったのですが

今回は数年ぶりに聴きにいってきました。

::

ハチャトリアンの剣の舞とレスギンカ

ドヴォルザークのスラブ舞曲を2曲

グリーグのペールギュントよりオーセの死・アニトラの踊り

山の魔王の宮殿にて・アラビアの踊り・ペールの帰郷・朝

というプログラムでした。

こどもにとってこのプログラムはヘビーです。

しかもオーケストラを始めたばかりの(昨年11月入団)小学4年生には。

頑張り屋さんでこれらの曲をレッスンにもってきたのは1度きり。

それも入団当初に。

さぁ どうなっていることやら、ドキドキです。

::

彼らが登場すると我が子を探すような心境で彼を探していました。

最年少の彼は一際小さく見えました。

が、立派でした。

一生懸命表現をしていました。

大きなお姉さんお兄さんと一緒に 彼なりにやっていました。

こんな時って先生冥利に尽きます。

上手いか下手かと言われれば、残念ながら後者ですが

彼の実力以上のものを発揮していると感じられたし

全力で取り組む姿勢・集中力・そして楽しんで弾いることが

手に取るようにわかり とってもキラキラとしていました。

この子たちの成長を肌で感じながら

この子たちの人生経験の一部分に私のしていることも入っているのだと

真剣に取り組まなければと 改めて感じさせられました。

::

読んだよ~と下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。

ランキングがupします。

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ

ありがとうございました。。。

|

« 最後の思い出 園外保育 | トップページ | 解散式が。。。 »

work」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後の思い出 園外保育 | トップページ | 解散式が。。。 »