« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

*** たまには子供のことなど。。。 ***

Photo

今週月曜に子供たち揃って家庭訪問でした。

年長になったmujakiの担任の先生は

2年前、nikoが年長だった時にお世話になった先生。

お互いによく知っているので、特に問題もなくスムーズに。

またよろしくお願いします。^^ ってな感じで。

問題なのは小2のnikoの担任。

先週の授業参観での印象は。。。( ̄Д ̄;;

とっても段取りが悪くスローペース。

その上、自分の意見ばかりで子供に意見を聞く場面が一切ない授業。

百歩譲って たまたま、なのかも知れませんが

心配要素満載で、途中までしか参観していなかった主人yasashiくんでさえも

。。。┐(´д`il||li┌  のリアクション。

そんなこんなで迎えた家庭訪問は、親子揃って涙が出てしまうほどの

最悪なものでした。

1週間ほど前から毎朝、登校時間になると忘れ物が心配で

軽いパニックを起こすようになったniko。

そのことを話すと、出るは出るは。。。

子供を見下し悪意に解釈しているとしか思えない

耳を疑いたくなるような暴言が。

とっても大雑把な先生のようで、本人は軽~い気持ちなのかもしれませんが

教育者としての本質を疑うようなことばかりで

完全に信頼関係を絶たれた感じです。

今年度は始まったばかりと言うのにとっても心配です。

父の退院は いよいよ明日に迫りました。

幸い、同居するほどの介助は必要ないので

妹と交代で食事を運ぶ日々が始まります。

食事制限はないものの、塩分・たんぱく質制限があるので厄介です。_| ̄|○

母も、退院後の日常生活で不便なことを把握し

必要なリハビリプログラムを作成する為に

連休中は一旦帰宅することになりそうです。

もちろん、私たち一家も実家へお泊り。

明日から賑やかになりそうです。。。

と、その前に準備が。∑q|゚Д゚|p

行くまでに疲れそう il||li _| ̄|○ il||li

分からない事・不安な事だらけ。なんでも結構です。聞かせてください。
下のバナーもクリックしてもらえると有難いです。

にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

ありがとうございました。。。

| | コメント (1)

*** どんななんだろう ***

Photo

母の病室へ行くと、棚の中の物のほとんどが大きな紙袋に入れられ

いつでも移動可能な状態になっていました。

せっかちで用意周到な母は健在でした。。。^^;

その上、あれも要らないこれも要らない、と

私に持って帰るように促します。

? と思っていると

『だって1週間だもんね。』 と母。

ますます???な私。

リハビリ専門病棟へ移ったら1週間で退院できると

勝手に決め込んでいたようです。ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌

さて、現在の母は

会話は全く問題ないし、歩行もトイレも食事もすべて一人で出来ます。

母でなくても、もう治ったのでは? と思えたりもします。

でも、今日も 『今日は何曜日?』 と何度も聞かれました。

そして、脳出血が原因で目が見えにくくなっているとの診断結果。

先週あたりから、度が合わなくなったと度々口にしていたので

恐らくそうだろうと思っていた私。

ところが妹は素直に目の問題だと思い

眼科受診の願いをナースステーションに出してしまっていて受診。

付き添ってくださったナースに

視力は変わりないけれど、出血の影響です。

とハッキリ言われました。

母にはどのように見えているのだろう。

日常生活は、不自由なくこなしているように見えるので

さほど深刻な問題ではないとは思うのですが。

本が好きなので、見えにくい目で無理に読んで

頭痛を併発させたりしなければいいのだけれど

本人は、出血が原因ということが理解できないので

ついつい、今まで通りに行動したくなってしまう。

というのか、何度病状を説明しても覚えていられない。

受け入れられないだけなのかも知れないし、記憶出来ないのかも知れない。

それすらも本当のところはよくわからない。

分からない事・不安な事だらけ。なんでも結構です。聞かせてください。
下のバナーもクリックしてもらえると有難いです。

にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

ありがとうございました。。。

| | コメント (1)

*** 決まりました ***

Photo

父の退院が決まりました。

心臓の機能も回復し

入院を長引かせた肺炎の方も

自力で呼吸が出来るようになり

全て問題無いとの診断を頂きました。

現在は、寝たきり状態だった為

筋力回復のリハビリが必要ということでの入院をしている状態

だそうです。

なので、リハビリが停止してしまうG.W.前の5月1日に

退院という予定になりました。

ご心配を下さったみなさん、

本当にありがとうございました。。。

恐らく、父の方は体力が出てきて

食事の文句(好き嫌い)を言わず

嗜好品は節操を持って。。。

などの心得を、本人が肝に銘じてさえいれば

大丈夫なのかなぁ、と。^^;

母の方も週明けの月曜に、リハビリ専門病棟への移動が決まりました。

この数日、母との会話もかなり正常になってきました。

要らない事に、以前のような理屈っぽさも多々出てきちゃっています。 ^^;

まぁそれも、順調に回復している。。。と言うことですね。 ┐(´-`)┌

一時はどうなることかと思いましたが

人間の回復力って凄い!と痛感です。

分からない事・不安な事だらけ。なんでも結構です。聞かせてください。
下のバナーもクリックしてもらえると有難いです。

にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

ありがとうございました。。。

| | コメント (1)

*** 伝書鶴 ***

Photo

以前にも書きましたが

両親の間を飛んでいる伝書鶴が、だいぶ増えてきました。^^

これは4月17日に母が父へ送ったもの。

背中に 『 もうじきです がんばります 』 と書き

右羽には 『 ハーイ がんばります 』 と書かれています。

この前日に届いた父からの伝書鶴に

『 リハビリ がんばって 』 と書かれていたので

その返事のつもりらしいのです。^^

こんなやり取りが続いています。

二人が病気になって唯一良かったと思えること。

それは、家族がお互いを思いやる気持ちが出てきたこと。

いざとなればまとまるけれど、普段は我が道を行く人ばかりの

なかなかの変わり者揃いの私たち。^^;

家族全員が、自分の足らない点・おせっかいな点

いろいろと見えてきたような気がします。

この試練も、私たち家族には必要なことだったのだと

今は思えます。

全て必要なこと。

無駄なことは何も無い。。。

父は今日、のどの管も抜けました。

母は回診結果が良好の為

近々、リハビリ専門病棟へ移動できそうです。

分からない事・不安な事だらけ。なんでも結構です。聞かせてください。
下のバナーもクリックしてもらえると有難いです。

にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

ありがとうございました。。。

| | コメント (2)

*** 待望のご飯 ***

Photo

父、今日から待望の食事が始まりました。

心筋梗塞で太い血管のほとんどが詰まり心臓肥大。

なのでバイパス手術に加え

心室と心房の間の弁がきちんと閉まるように

人工のリングを入れる手術も合わせてしたのが1ヵ月半前。

高齢と言うこともあってリスクは高かったものの手術は成功。

『通常翌朝には麻酔から覚めるけれど

もし、午後になっても目が覚めない場合

あるいは、夕方以降になっても。。。の場合は

脳梗塞などの可能性がかなり高くなってきます。』

との説明を受けていたのに

午後になっても目は覚めず。。。

まだ元気だった母は、お葬式の覚悟を決めていました。

そんな父の意識が戻ったのは午後5時を回ってから。

幸いにして何処にも異常はありませんでした。

(数日後に肺炎をこじらせたことが原因で気管切開をしますが。)

その時から父は、何度と無く食事がしたいと訴えていました。

口から管を通しているので食事なんてとんでもないことでしたが。

それがようやく今日、口から食事を摂る事ができました。

と言っても、ご飯もおかずも全て、プリン状になっていたらしいのですが。

それでも鼻から入る流動食より、ずーっとマシです。

少しずつ回復です。

母も近々、リハビリ専門の病棟に移れるそうです。

治療はほぼ完了、と言ったところなのでしょうか。

あとは記憶障害とか意識障害とかと言われる部分の問題なのでしょうが

頑張り屋の母のこと。

きっと回復することでしょう。。。と信じて。

分からない事・不安な事だらけ。なんでも結構です。聞かせてください。
下のバナーもクリックしてもらえると有難いです。

にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

ありがとうございました。。。

| | コメント (3)

*** 声が出ました ***

Photo

妹のアイディアの鶴。

妹がリハビリのつもりで両親に折り紙を持っていき

鶴を折って見せたら、

『私が折った事にして、お父さんに持って行って。

 ちゃんと証拠の署名もするから♪』 と母。

受け取った父もお返しにと、自分で鶴を折り

日付と署名をし、母へ。

今度は母も自作の鶴に署名して。。。

そんなやり取りが数回続いています。^^

二人ともまだ完全には自由にならない手で

一生懸命折って書いて気持ちを伝え合っています。

そして。

素敵なレースと可愛いハートも今日、仲間入りしました。

私yokatta*の、大切なママ友達とそのムスメちゃんから届いた

気持ちのいっぱい詰まった贈り物です。

遠く離れた場所から、こんなにも嬉しい気持ちをもらえるなんて。

ありがとう。。。

父は照れながらも満面の笑み

母は見る見るうちに顔がしわくちゃになり

大粒の涙が零れ落ちそうな勢いで喜んでいました。

彼女の優しい気持ちが伝わってきて

両親共にとても嬉しかったようです。

ありがとう。

母は今日も相変わらず、日付やら地理(近所の)やら

これまでの経緯やらは???でしたが

父は耳鼻科の診察を無事、クリアできたようで

スピーチカニューレという声の出せる管に変わっていました。

1ヶ月半振りのおしゃべりは相当嬉しかったようです。

食事までももうじきなのかな?

分からない事・不安な事だらけ。なんでも結構です。聞かせてください。
下のバナーもクリックしてもらえると有難いです。

にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

ありがとうございました。。。

| | コメント (1)

*** 順調 ***

Photo

今日もとても温かかった、というより暑かったです。

母の病院へ車を走らせているとカーラジオからは

現在の気温は29度! 

病室へ着き 『今日も暑いね~、29度だって。』 との私の声を聞き

『外へ出ても良いかな?』 と母。

外出はNGでしたが

扉から出なければ下へ降りても(病室は11F)OKが出たので

出入りする人が通る度に扉が開き

外から入ってくる風を感じることは出来ました。

そしてリハビリも順調に進んでいて

今日はリハビリ庭園なるところにも行けました!

3F にあるリハビリ室に隣接するように作られていたその屋外スペースには

花壇があり、その回りに手摺が付けられ

階段やスロープ、砂利道などを歩く訓練が出来るようになっていました。

さすが、昨年、移転新築したばかりの病院です。

設備も新しく、いろいろと考えられています。

母もとても意欲的で、一人での歩行も大分安定してきました。

父は今日、耳鼻科の診察を受けているはず。

OKが出れば、スピーチカニューレという

声の出せる管に交換が出来ることになっています。

いい結果が出るといいね、お父さん。

分からない事・不安な事だらけ。なんでも結構です。聞かせてください。
下のバナーもクリックしてもらえると有難いです。

にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

ありがとうございました。。。

| | コメント (0)

*** 頑張っていました ***

Photo

昨日の午後のこと。

母の病室へ行き、サイドテーブルに置かれたメモに目をやると

10日分程の日付が書かれていました。

4/11(土) きょう     ころぶな

4/12(日) あした     ころぶな

4/13(月)         ころぶな

4/14(火)

4/15(水)

4/16(木)

4/17(金)

4/18(土)

4/19(日)

こんな感じのメモでした。

そして5~10分おきくらいに『何時?』と、聞いてきます。

時間や日にちの感覚も分からなくなっているようです。

『今日は朝が2回来たね』

と言ったりすることもあります。

水頭症で手術をしたのが3月28日。

それから1週間は、手術をしたことを何度話してもすぐに忘れてしまい

『何でここにいるの?』

『こんなところにいたら看護婦に殺される』

を繰り返していました。

自分の状況が理解できなかったので

ベッドに縛り付けられていることも

頭を剃られてしまったことも

意味が解らず、只ただ恐怖だったのでしょう。

けれど、今はある程度自分の状況を理解しているようです。

今、出来なくなってしまっていることが沢山あることも。

勉強熱心で人を頼ることを何より嫌う母ですので

日付を書いて覚えておく、

歩行訓練が始まった今、転倒が一番怖いことも理解していて

ころぶな と自分に言い聞かせるために書き記す、

母らしい行為です。

早く退院したい一心で頑張っていました。

今日の父は、入院以来初めて外に出られました。

2ヶ月と1週間振り。

午前中に様子を見に行った兄と妹が

車椅子で外へ連れて行き、桜の下で撮ったシャメを母に見せていました。

遅くなりましたが

温かいコメントを下さった方々

本当にありがとうございました。

だいぶ快復してきているようです。

本人たちも私たち家族も

焦らずゆっくりを」心がけて頑張っていきますね。

これからも見守っていてください。

ありがとうございました。。。

分からない事・不安な事だらけ。なんでも結構です。聞かせてください。
下のバナーもクリックしてもらえると有難いです。

にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

ありがとうございました。。。

| | コメント (0)

*** 一歩前進 ***

一昨日、初めて歩行器を使って歩けた父。

昨日からリハビリ室へ移動して本格的なリハビリが始まりました。

2ヶ月ちょっと、ほぼ寝たきり状態だったので

歩けたことがよほど嬉しかったのか

だいぶ頑張ったようです。

いきなり60mも歩いたそうです。^m^

なので今朝、慌ててリハビリ用の上靴を購入し

上着と一緒に持っていったら、またまた嬉しい知らせが!

『リハビリの成果も良かったようなので

耳鼻科の先生の許可が下りたら

来週、声の出せる管に交換しましょう。

そうしたら口からご飯も食べられるようになりますよ。』 とのこと。

嬉しそうでした。^^

今週に入ってから気分も良くなってきたようで

やっとリハビリに意欲を見せるようになってき始めた感じです。

頑張れ!

母の方も、先生や看護婦さんには

『素晴らしい回復力で、患者さんとしては100点満点です。

けれど、ようやく救命できたばかりなんですよ。

お母さんの出来なくなってしまったことを見るのではなく

出来るようになってきたことを認めてあげてください。

焦らずゆっくりと。。。です。』

と叱られました。^^;

その通りですね。

どの程度の回復が見られるのか

それが気になってしまうのですが、

その為の心や家の準備も必要かと考えてしまっていましたが、

今は先生を信頼して、母の持っている力を信じて

母の気持ちが前向きでいられるよう

今まで通り笑顔で接していこう。

きっと看病されている皆さんは、同じ気持ちなんでしょうね。

分からない事・不安な事だらけ。なんでも結構です。聞かせてください。
下のバナーもクリックしてもらえると有難いです。

にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

ありがとうございました。。。

| | コメント (0)

*** 母、水頭症 ***

前記事で、母は左視床出血を発症したことは話しました。

幸いにも片麻痺はごく軽いものとのことでしたが

数日後、水頭症をおこし、このままでは昏睡状態に陥ってしまうとのことで

緊急手術をしました。

頭蓋骨に人差し指くらいの太さの穴を開け、管を通して水を抜いていくとのこと。

短時間で終わった手術後、母に会った時のショックは。。。

自分の名前すら分からない状態。

右目は寄ってしまい、何を問いかけても分からない母。

頭の中には大好きな音楽だけがあったようです。

ひたすら『ドレミ。。。ドレミ。。。』

と階名で何やら口ずさんでは、うまく歌えずに戸惑って。。。の繰り返し。

『お母さん、上手だね。』と声をかけると

我に返ったような表情になり、びっくりした感じで 『本当?』 と聞き返す。

そのうちに階名で1曲の歌が出来ました。

七つの子でした。

『お母さん、カラスの歌だねぇ。』 と言うと、今度は歌詞で歌い始めました。

『か~ら~す~、なぜ鳴くの~』

その夜、母が思い出せたのは自分の名前だけ。

病院にいることも、病気になってしまったことも

そして、私が誰なのかも判りませんでした。。。

分からない事・不安な事だらけ。なんでも結構です。聞かせてください。
下のバナーもクリックしてもらえると有難いです。

にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

ありがとうございました。。。

| | コメント (0)

*** 母の障害 ***

2009.3.24(火)正午

勝気で優秀で気丈が故に、人を頼りにしたり任せたりすることの出来ない母が

高血圧性の脳内出血(左視床出欠)で倒れました。

看護師さんが驚くほどのフラフラ状態だったのに

一人で歩いて、近所の内科に転がり込んできたそうです。

余りの状態に驚いた先生が、慌てて総合病院の紹介状を書いてくださり

看護師さんが付き添って、タクシーで総合病院まで連れて行ってくださいました。

その時は事の重大さを理解し切れてはいませんでしたが

到着後すぐに検査を受けられるような手配のご配慮までしていただいたことに

今は心より感謝しています。

時を同じくして、両親が入院手術をし

別々の病院で闘病中です。

父は2009.2.6(金)早朝に、心筋梗塞で。

その看病と自営業の会社の切り盛りとに明け暮れた母が倒れて2週間余り。

長い2週間でした。

今まで、のほほんと夫弁当やら家族やらの記事を書いてきましたが

こういった状況になり判らない事・心配な事だらけ。

皆さんに助けていただきたくて引っ越してきました。

どうぞ宜しくお願いします。。。m(_ _ m

分からない事・不安な事だらけ。なんでも結構です。聞かせてください。
下のバナーもクリックしてもらえると有難いです。

にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村


ありがとうございました。。。

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »